仕事をするのが嫌だなと感じている時はマインドを整えよう

悩める仕事の話

・仕事をするのが嫌な時はマインドを整えることが大事

仕事をしていたり仕事をしている時に仕事するの嫌だなと思うことはないでしょうか?

仕事をしていれば誰しもそう思う時はあるにせよ、それが続いている日々を送っている人もいてると思います。

実は自分自身で嫌だと考えていることが、仕事に対しても嫌だと感じてしまうのです。

なぜなら、ネガティブな思考でいると言葉や行動もネガティブになり、益々仕事をするのが嫌になってきます。

私も仕事が嫌だなと思う時期は少なからずありました。

そんな時にマインドを整えれば仕事も嫌ではなくなるということを学んだので、マインドの整えかたというのを教えたいと思います。

・なぜ、嫌だと思うと仕事をするのが嫌になるのか

嫌になってしまうのは自分自身の思考や気持ちの面でネガティブに考えたり、行動や言葉になってしまっているからです。

例えば「仕事は嫌だ」、「どうせ○○だから適当にやろう」、「○○はダメだ」などのことで嫌になる。

なぜ嫌になるのか?そうです、自分の思考や気持ちが嫌だという自分を作りだしてしまっているという事です。

・嫌になっている気持ちをなくすには

嫌な気持ちをなくすには反対にネガティブ思考ではなくポジティブ思考で物事を考え、行動や言葉もポジティブに考えることが仕事を嫌だと思う気持ちをなくす方法となります。

まずは自分に問いかけてみてください。

今の仕事に対して不満を持っていたり、会社や一緒に働いている人の悪口を言っていたりしていませんか?

そういう風に考えてしまっている人は今の仕事が嫌だと思っている人だと思うので、まずは少しずつでいいのでネガティブ思考を減らしていきましょう。

ポジティブな思考にするには、何事も自分の問題だと考え取り組むことが大事です。

自分の問題と考えるようになれば、会社の不満も自分の問題だと考えてどうやったら会社がよくなるのか考えて行動し、言葉で示していけば自ずとマインド面が整っていきます。

すぐには効果は出てきませんが、少しずつ自分自身が良くなってきているのが分かってくると思います。

逆に不満も嫌なこともない人はマインドが整っている人だと思うので、そのままの状態を維持すれば仕事もうまく進められると思います。

・仕事をするのが嫌から仕事の取り組み方へマインドが変わる

結果として、ポジティブな思考になってくると仕事が嫌だったということを忘れてしまいます。逆に仕事をどうやって取り組むかというマインドへ変わるので、マインドを整えるということがどれだけ大事かを実感してきます。

まずは思考をネガティブからポジティブへマインドを整えていきましょう。・

コメント