会社員、社会人必見!!仕事が嫌すぎる、嫌になった人が会社を辞める前に先ずやってほしいこと3選

悩める仕事の話

仕事が嫌すぎたり嫌になったら先ずやってほしいこと

このブログを読みに来ている方は仕事に対して嫌なイメージがあったり、嫌だから仕事に行きたくない辞めたいと悩んでいる人達だと思います。

そんな人たちに仕事が嫌になった時や辞める前にやってほしいことを先に言っておきます。

自分自身に自分は出来る、自分は価値のある人間だと思い込むことを日常的に取り入れてほしいです。

何故、こんなことをするのかと言うと仕事が嫌になるのは外的な要因から来ていることは分かっています。

上司に何回も怒られたり、期待されていなかったり、同僚や周囲の人たちと比べてもスキルもスピードも遅い等々とたくさんの外的要因の理由があると思います。

私も仕事をしていてそんな風に外的要因から仕事をするのが嫌だったり、行きたくないなと思うような時期がありました。

それでも仕事を辞めずに続けられているのか、ある方法を実践することで仕事が好きまでも行かなくても仕事が嫌になったり、嫌になることは減っていくかと思います。

そして、その方法を実践しても仕事が嫌な場合の最終手段を教えるので、仕事が嫌で行きたくないような人は最終手段を行使することをおススメします。

仕事が嫌なのは外的要因よりも内的要因が大きい

冒頭でもお話ししましたが、仕事が嫌になるのは外的要因が大きいことは理解しています

それを理解した上で考えてみてください。外的要因が無くても仕事をしているのは誰でしょうか?会社を決めて、仕事の仕方や向き合い方、上司や同僚との付き合い方を決めているのは誰でしょうか?

そうです。決めているのは

全て自分

です。

少し厳しい言い方にはなりますが、自分が仕事に対してのことを決めています。

だからと言って嫌な物は嫌だということを言いたいと思いますが、仕事を嫌になってしまう前に少し頭をクリーンにして次に話すことを少しずつでいいので実践してほしいです。

仕事が嫌な時に実践してほしいこと

自分自身をポジティブに

嫌だなと思う時があれば、自分自身に自分は出来る、怒られても次はやってやるぞと自身に対してプラスへプラスへ気持ちを向けてポジティブになるようにしてください

気持ちをプラスへ保ち続ける事ができれば、仕事で失敗してもそこで立ち止まらずに進むことが出来るからです。

時にはどうしてもマイナスになってネガティブになることもあります。そうなった時は自分の好きなことをしてマイナス部分は忘れましょう。(怒られたり、周囲の人たちと比較しない)

マイナスなことを考えていても大概良いことはなく、その考えている分をプラスになるようなことを考えましょう。

自己投資

仕事が嫌だと思うようになった時には、自己投資をして自分のレベルを高めるように努めてみましょう。

自己投資で何をすればいいのかと言うと、本を読む、YouTubeで勉強、足りていない分野について勉強する

自分のレベルが低いと嫌な気持ちも大きくなり、レベルが高ければ嫌な気持ちも無くなりもっと仕事がしたい気持ちになると思います。

自分の問題だ

自分の問題だ!!

仕事をしているとこう思うことは多々出てきてしまいます。

その問題にどう向き合うかが仕事が嫌にならない1つの方法だと思います。

それでは、様々な自分の問題を見ていきましょう

自分の問題

仕事が出来てない

仕事が出来ていない…なぜこの仕事が出来ていないのか考えよう⇒自分の問題だ

すぐに上司に怒られる

すぐに上司に怒られる…なぜ上司に怒られてしまうのか考えよう⇒自分の問題だ

同僚は仕事が出来ている

同僚は仕事が出来ている…なぜ同僚が仕事が出来ているのかを考えよう⇒自分の問題だ

自分だけ仕事量が多くある

自分だけ仕事量が多くある…なぜ仕事量が多くなっているのかを考えよう⇒自分の問題だ

残業ばかりでブラック会社だ

残業ばかりでブラック会社だ…なぜ遅くまで働いてしまっているのか考えよう⇒自分の問題だ

上記のことは外的要因にも捉えることは出来ますが、結局は自分が出来ていない内的要因とも捉えることが出来ると思います。

そんなこと言われても…というのは一旦は横に置いておいて、まずは何が出来ていなかったのか何がいけなかったのかを考えましょう。とりあえずは自分の問題だと思って改善するということを心掛けていくことが大事です

自分の問題を改善する場合を見ていきましょう。

自分の問題 改善

仕事が出来てない

仕事が出来ていない…仕事の方法を変えてみたり、今の仕事の分野について勉強する

すぐに上司に怒られる

すぐに上司に怒られる…上司が望むことを理解したり、何がいけないか分析する

同僚は仕事が出来ている

同僚は仕事が出来ている…周りを気にせず自分の得意分野を伸ばす、自分も同僚レベルになる

自分だけ仕事量が多くある

自分だけ仕事量が多くある…仕事をこなす優先順位を考えたり、周囲を活かす

残業ばかりでブラック会社だ

残業ばかりでブラック会社だ…出来る範囲で仕事をするか、出来ない仕事は「NO」と言う

こんな風に内的要因を自分の問題だと思って改善することを考えていくと仕事が嫌になることも少なくなってきます。

最終手段

何をしても今の仕事が嫌になっている人は、最終手段として転職するか素直に仕事を辞めることをおススメします。

それについては、別の話になってくるので、ここではあえて詳しくは話しません。

転職

今の時代は、定年まで働き続けたら給料も上がり退職金も貰って、その後の老後も年金をもらって安泰に生活するという時代でもなくなってきています。

そういう時代じゃないなら、自分の興味のある仕事や自分に合う環境を探すほうがメリットは大きいです。

  1. やる気を出しても何も変わらない会社だと思うなら、転職すべきである。
  2. 嫌々居続けるのは双方にもデメリットしかないので早急に転職しましょう。
  3. あえて別の業種に行くのもありです。

3の場合に例えれば、今はプログラマーの仕事をしているけれど、全然関係のない事務作業をする会社へ転職して、そこでプログラマーでの経験を活かして事務作業の効率化を図れば、周りから信頼も得られるので、結果としては仕事が嫌になったり、自分は仕事が出来るという気持ちになって、今までマイナスばかりだったのがプラスへ変わってどんどん仕事がうまくいってしまう可能性も十分にあります。

仕事を辞める

今の仕事が嫌すぎて自分の貯蓄に余力があるなら何も考えず会社を辞めてみて、自分が何をしたいかをもう一度考えればいいと思います。

そういう期間も大事なことです。

まとめ

仕事が嫌になりすぎたり嫌な人について書いてきましたが、何が言いたいのかと言うと途中でも話をした仕事が嫌になっている原因を作っているのは全て自分だということです。

自分が嫌だと思えば気持ちも嫌になるし、やるぞーと気合が入れば気持ちも良くなっていくものです。

本当に気持ちの持ちようで色々変わってきます。

私も仕事に対して嫌な時もありますが、プラスに考えたり本を読んで何が正しくて何が悪いだったりとこういう風にする方がいいよねって知識を取り入れるようにしています。その方が自分で考えらえるので気も楽で仕事も早く進みます。

なので、仕事が嫌になっている会社員の人たちはマイナスの気持ちをプラスになるように変えていきましょう。

あまり自分自身を悲観せず、自分の気持ち次第で会社も仕事も周囲も少しずつ変わってきます。

そうすれば嫌だと思っていた仕事も全然そんな気もしなくなるので、環境がより良くなっていきますよ。

仕事が嫌で辞めたいと思っている会社員の皆さん、先ずはプラスになるイメージで頑張りましょう。

コメント