仕事が終わらないと嘆いている人が考えたい大事なこと

悩める仕事の話

なぜ仕事が終わらないと悩まないといけないのか

仕事が終わらないと嘆いている人は仕事のやり方を間違えている可能性が高いと言える。

間違えている仕事のやり方は時間のロスになるので、出来るだけ改善していきたいという思いで幾つかのことを試してみてほしいです。

仕事を終わらせるための方法

仕事を早く終らせられる方法としては幾つかご紹介します。

  1. 1日の仕事の段取りは出来ているのか?
  2. 1つのタスクにかかる時間は把握しているのか?
  3. 自分が抱えてるタスクはどれくらいあるの?
  4. 自分の会社の立ち位置はどこにある?
  5. どこでで手を抜く?
  6. 仕事のイエスとノーははっきり伝える

1日の仕事の段取りは出来ているのか?

  様々な職種、業種があると思いますが、1日に出来る仕事というのは限られています。その中で自分が請け負っている仕事の順番や出来る仕事内容を決めないと終わりません。なので、どの仕事をどうやれば効率よく進められるかをスケジュールにまとめたり、書き出すことで決めておかない時よりも取り掛かりのスタートダッシュが違ってきます。

1つのタスクにかかる時間は把握しているのか?

  一つ一つのタスクに対してどれくらいの時間がかかるか把握していないと終わらせないといけないタスクも抱えたままになり、他の作業にも遅れが出てきて影響が及ぶので、1つのタスクに対してかかる時間を把握しておいて、時間管理をしておくことが大事になります。

自分が抱えてるタスクはどれくらいあるの?

  今、自分が抱えているタスクの量はどれくらいあるのか把握して仕事をしていないと終わらないタスクが出てきた場合にどんどん後ろ倒しになって処理しきれなくなります。もし、たくさんのタスクを抱えているのであれば、自分の得意な分野に専念するか苦手分野は周囲の得意な人や余裕のある人にお願いして仕事を振っていきましょう。そうすることでタスクを抱えて悩む心配も減り、仕事も早く終るので使える物や人を使っていきましょう。

自分の会社の立ち位置はどこにある?

  今の会社の立ち位置は何になりますか?入社したばかりの新入社員?そこそこ会社の仕事方法やシステムが分かってきた中堅社員?それか役職の高いベテラン社員?この中のあなたの会社での立ち位置で仕事の量と振り方が変わります。新入社員は早く仕事が覚えられるように頑張りましょう。中堅社員は仕事をこなしつつ、周囲も上手く使う。ベテラン社員は簡単な仕事は部下に任せて自分にしか出来ないような仕事をしていくのが良いでしょう。

どこでで手を抜く?

  資料作成や何かを作らないといけないときは100点を目指さず、とりあえず80点ぐらいの出来を目指して作っていくことをおススメします。いつも100点は不可能なので、どこかで手を抜くことを覚えてタスクの時間管理に努めていきましょう。

仕事のイエスとノーははっきり伝える

  タスクを抱えていると色んな所から仕事の依頼が来ると思うので、そんな時は出来るか出来ないかの意思表示をはっきりさせて伝えておくということが大事です。

まとめ

仕事を早く終わらせる方法は上記で紹介したこと以上にあり、職種でも対応が変わってくるとは思います。その中で自分に合う方法を見つけて仕事を終わらせられるように過ごしていける人が増えれば良いなと思います。

コメント